期間工へ転職・就職するにあたって、「仕事がきついのではないか?」「採用されないのではないか?」「契約期間後にどうすればいいんだろう?」といったデメリットのイメージも強く、転職・就職をためらっている人は少なくないでしょう。
そこで、ここでは期間工のデメリットについて詳しく解説していますので、転職活動のヒントにしてみてください。

本当に大丈夫?期間工のデメリットを知っておこう!

期間工に転職・就職を決める前には、期間工に転職するデメリットを正しく理解しておきましょう。デメリットを正しく理解していないと、転職しても結局同じ悩みに苦しむことになったり、転職直後にまた転職してしまったりという結果に繋がりかねません。期間工のメリット・デメリットを比較して、自身のキャリアプランを客観的に検討することが転職成功のコツです!

1.単調な仕事が多く、やりがいを感じられないことも

期間工の仕事は、生産ラインの一部分での作業の繰り返しといった単調な作業や部分的な作業が多いため、やりがいを感じることが難しいというデメリットがあります。特に、それまでバリバリ仕事をこなしていたという方が、致し方なく期間工へ転職・就職した際にこの悩みを抱えることが多いため、予め心構えをしておくことをお勧めします。

2.配属先を選ぶことができない

期間工は、配属先によって割り当てられる仕事の内容が変わってしまいます。配属先によっては仕事の忙しさが変わってくるので、残業の有無や残業時間にも大きく差が出てきます。ですが、配属先は希望は聞いてくれるもののメーカーが決定することですので、がっつり稼ぎたくて期間工になったのに残業が少ない職場に配属されることも珍しくありません。

3.同じ勤務先には最長2年11か月しか勤めることができない

期間工は契約社員にあたるので、法律上、同じ勤務先に2年11か月しか働くことはできません。ただし、退職してから半年の期間があけば同じ企業の期間工として働くこともできるので、覚えておくと良いでしょう。
期間をあけずに働き続けたいという方は、半年間は他の会社の期間工になったり、バイトをしたりすることも検討することをおすすめします。

4.身体的・精神的にに辛いことも

単調な業務を継続することや3交代制などの交代勤務を精神的な苦痛として感じたり、秒単位の業務内容や車の重たいパーツや工具を扱う肉体労働から腱鞘炎や腰を痛めたるなどの身体的な辛さを感じる場面も少なくありません。
こうした側面から、仕事を辞めてしまう人が少なくないことも事実ですので、期間工への転職・就職を考えている方は心構えが必要です。

5.期間工の経験はキャリアとして評価されないこともある

期間工を辞めてから他の会社の面接を受けた場合、職歴として評価されにくい傾向があります。理由としては、期間工の仕事が未経験でもOKな作業であることからスキルが身に付きづらいことにあります。
他の会社の期間工や工場関係の仕事に転職を考える場合であれば、期間工としての経験は評価されやすいことを覚えておくと良いでしょう。

6.年齢が上がると採用されにくい

期間工の仕事は40代以上の方は敬遠されやすいとも言われています。ですが、求められる年齢は会社によっても異なるので、様々な情報を集めながら根気よく面接に臨むと良いでしょう。
経験が問われない反面、体力があって指示をきちんとこなすことが求められます。そのため、40代以上などの採用されにくいと思われる年齢層の方は、面接で体力があることや体が頑丈であること、経験者であることなどをアピールすると良いでしょう。

期間工に転職するメリットはあるの?

期間工に転職する最大のメリットは、経験や学歴不問で年収で400万程度のお金を稼ぐことができることでしょう。また、勤務が終わった後は正社員で仕事をしているとどうしても発生してしまいがちな付き合いがあることもありません。そのため、仕事とプライベートのバランスを取ることができるということです。
「とにかくお金を稼ぎたい」「人間関係の煩わしさや精神的な負担のない職場で働きたい」「プライベートな時間を大切にしたい」という方は、期間工へ転職するメリットを感じることができるでしょう。

期間工の求人を効率的に探す方法

最近ではインターネットやスマホの普及によって、各メーカーや派遣会社が運営するホームページで期間工の募集を出していることがほとんどです。トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、日野、いすゞ、デンソーなどの車体工場や部品工場では、随時募集を行っています。

ですが、「期間工の求人に応募するのは初めてで不安」「転職・就職を決める前にもっと詳しく仕事の内容を知りたい」といったお悩みをお持ちの場合は、まずはこちらのサイトで情報収集をしてみるとよいでしょう。こうしたサイトでは、直接応募してしまうと支給されない祝い金がもらえることもあるので、とりあえず登録だけしてみるという使い方もおすすめです!

また、期間工の仕事の中でも正社員登用の制度がある仕事、各種手当が充実しているといった情報も幅広く網羅しているので、「転職する気はないけど・・・」という方でも自分の希望する待遇の求人があるか情報を得るために、複数サイトで会員登録するのも賢い方法です。

  1. 取引メーカー数40社以上!業界トップクラスの就職実績「期間工.jp」

    期間工.jp

    期間工.jpは、東証一部上場の株式会社アウトソーシングの子会社で、国内製造系アウトソーシング事業を行う株式会社ORJが運営する大手メーカーの期間工・期間従業員専門の求人専門情報サイトです。2017年9月には、「紹介先が豊富な人材紹介会社」「期間従業員に強い人材紹介会社」「エージェントが信頼できる人材紹介会社」「サイトの利用者の満足度」など、期間従業員の求人に関する調査でNo.1に選ばれており、期間工だけでも40社以上の取引先と提携しており、3784名の内定(2017年実績)をもつ安心と信頼の求人サイトです。期間工.jpでは、就職希望社の希望に沿った仕事を紹介してくれるだけでなく、企業選考会の取り組み方まで、経験豊富なスタッフがサポートしてくれることも特徴です。

  2. 登録相談会で未経験の人でも安心!「工場求人ナビ」

    期間工の求人探しなら工場求人ナビ

    工場求人ナビは、ものづくり人材サービス40年以上の業界最大手企業である日総工産が運営する工場系求人の専門サイトです。マツダ・スバル・日産車体九州などをはじめとする期間工に特化した求人も紹介されており、シフト・休日、期間、雇用形態、寮をはじめとする環境・待遇などの条件検索から、仕事探しをできることが特徴です。また、日総工産は東証一部上場の企業で、福利厚生の一環として「ベネフィットステーション」に入会する事ができる他、給与前渡し制度、寮付き求人など、さまざまなサポート体制が充実しています。

  3. 業界トップクラス11,000名の内定者実績!「e仕事」

    期間工求人サイトe仕事

    製造業などの期間従業員専門の求人サイト「e仕事」を運営する「日研トータルソーシング株式会社(NIKKEN)」は、創業以来の「人材とモノづくり」をテーマとした事業展開によって、2,500社以上にのぼる取引メーカーとのパイプと年間登録者3万人以上をマッチングする実績をもっていることが大きな特徴です。男女の年齢を問わず求職者のニーズに合わせた仕事を無料で紹介してくれる上に、お祝い金制度や寮完備、正社員登用といったサポートシステムを完備しているおすすめの求人サイトです。

  4. 製造業・工場の総合求人サイト!「工場求人ワークス」

    期間工の求人探しなら工場ワークス

    工場ワークスでは、あなたが求めている条件にあった工場の仕事を見つけることができます。全国各地の工場求人情報、工場に従事するいろいろな職種の求人情報が掲載されています。また、働く場所や職種、雇用形態、その他の条件を絞り込みながら求人を探すことができるので、自分が求めている条件にぴったりの仕事を見つけることができます。また、工場ワークスでは、仕事の内容やコツについて紹介している「工場タイムズ」を運営しているので、製造業未経験者であってもあらかじめ製造業の仕事の雰囲気を知りながら、求人を比較・検討することができます。

  5. こだわりの検索システムから希望の求人を検索!「ジョブコンプラス」

    ジョブコンプラス

    ジョブコンプラスでは、自分にどの仕事が合っているかを診断できる「適正診断」を無料で受けることができます!たった10秒で自分に合う仕事を見つけて、結果診断からそのまま仕事の情報も確認できるスピード応募が魅力です!「力仕事はあるの?」「どんな人が働いているの?」「工場見学はできるの?」という色々な質問にもお答えしているサイトで、初心者にもおすすめです!


工場求人ナビは、ものづくり人材サービス40年以上の業界最大手企業である日総工産が運営する工場系求人の専門サイトです。マツダ・スバル・日産車体九州などをはじめとする期間工に特化した求人も紹介されており、シフト・休日、期間、雇用形態、寮をはじめとする環境・待遇などの条件検索から、仕事探しをできることが特徴です。また、日総工産は東証一部上場の企業で、福利厚生の一環として「ベネフィットステーション」に入会する事ができる他、給与前渡し制度、寮付き求人など、さまざまなサポート体制が充実しています。