期間工として働くことを考えたときに「雇用形態の契約社員と派遣社員ってどう違うの?」ということを疑問に思う人も少なくないようです。この雇用形態の違いはしっかりと知っておかないと損をしてしまうこともあるので、ここでは期間工と派遣社員の違いについて詳しく見ていきましょう。

大きな違いは雇用主の違いによる待遇の違い

期間工には、直接雇用の契約社員と間接雇用の派遣社員の2種類があります。この2つの違いは、最終的な雇用主が誰かということになります。契約社員は、自動車工場や電子部品工場に雇用されることになるので雇い主は自動車工場や電子部品工場になりますが、派遣社員の場合は働き先にあなたを派遣することになる派遣会社が雇い主になります。

派遣社員で期間工に転職・就職するメリット

以下では、実際に期間工で働く人に期間工に派遣社員で転職・就職するメリットについて聞いてみました。以下で詳しく見ていきましょう。

人材紹介会社によっては祝い金がもらえることも

例えば、アウトソーシングでは現金を支給してもらえたり、企業選考会(面接会)参加や経験者ということでお祝い金や生活準備金をしてくれる会社も珍しくありません。

コーディネーターに事前に相談ができる

人材紹介会社を通すことによって多数のメーカーから求人を選んで比較することができます。また、採用コーディネーターが専属でついてくれるので、面接で不安なことを事前にヒアリングすることもできます。

転職・就職のサポート実績が多数あるので希望の求人に転職・就職しやすい

派遣会社は人材紹介を本業としているため、今までの多数の転職者の内定をサポートした実績から希望の条件を満たした仕事を探してきてくれて転職・就職をサポートしてくれます。

契約社員(直接雇用)で期間工に転職・就職するメリット

以下では、実際に期間工で働く人に期間工に契約社員で転職・就職するメリットについて聞いてみました。以下で詳しく見ていきましょう。

人員調整の対象は派遣社員の方が先

期間工の契約社員は派遣社員よりも待遇がいい傾向にありますが、いすゞでは契約社員の日給が9200円で満了金が21万円、派遣社員の日給は11,600円(時給1450円×8時間で計算)で満了金12万となっており、一見すると派遣社員の待遇がいいように見えます。しかし、派遣では人員調整で解雇されるデメリットが大きいので、長期で働きたいなら契約社員として働くのがおすすめです。

失業保険の給付制限がない

契約社員は有期契約での雇用になるので、仕事を辞めたときに3か月の給付制限がないというメリットがあります。派遣社員の場合、人員調整が理由で解雇された場合であっても会社都合にならず、給付制限がつくケースが多いようです。

派遣社員ではもらえないこともある満了金がもらえる

派遣社員として働くと、勤務先は人材紹介会社に紹介料を払うことになるので、その分あなたに支払われる給与が少なくなってしまいます。契約社員は直接雇用ですので、契約満期には満了金が支払われたり、ボーナスを支給してもらえることもあるので、長期でお金を稼ぐのであれば契約社員として働くことがおすすめです。

雇用形態をどうするか悩んだときのポイント

短期でもお金を多く稼ぎたいという方は派遣社員として働くことがおすすめですし、長く働いて社員登用も目指していきたいという方には正規登用制度のある求人がおすすめであると言えます。契約社員と派遣社員は雇用形態と待遇の違いを知ったうえで、自分の希望にあった求人を探すと良いでしょう。