ここでは、転職活動が初めてという看方でも分かりやすいように、一般的な転職活動の流れに沿って、各段階で大事となるポイントを一つずつ詳しく解説していきます。

転職を成功させるためには、事前の十分な準備が必要不可欠です。転職活動には様々な落とし穴がありますので、ぜひ下記のポイントをしっかりと理解しておくと良いでしょう。

期間工求人に直接応募するときの面接の流れ

求人を探す

最近では、メーカーが直接WEB上で求人を募集していることも珍しくありません。「トヨタ 期間工」といったキーワードで検索して出てくるメーカーサイトで応募することもできますし、色々な求人と比較しながら検討したいという人は転職サイトを活用して求人を探すと良いでしょう。

求人票を確認する

転職活動において、その病院に応募するかどうかを決めるための判断材料としてとても大事なのが、求人票です。求人票のフォーマットは企業や転職サイトによって微妙に異なるものの、掲載されている内容自体はそこまで大きく変わりません。
下記のチェックポイントをしっかりと理解しておくと、求人票の内容を勘違いせずに読み込むことができるようになります。

  • 勤務地
  • 仕事内容
  • 雇用期間
  • 正社員登用
  • 給与
  • 手当詳細
  • 待遇
  • 勤務時間
  • 休日
  • 応募資格
  • 製造業経験

応募・面接に必要な書類を準備する

期間工の求人で企業に応募する際に必要になる書類は主に下記が挙げられます。

  • 履歴書・職務経歴書
  • 銀行通帳
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 印鑑

履歴書や職務経歴書は転職・就職活動をする上で外すことができない書類です。フォーマットが定められていることはありませんが、最低限のマナーが守られているか、自己PRができているか、応募先に応じてカスタマイズされているかといった点からも選考結果に関わってくることがあるので、しっかりと作り込むようにしましょう。

面接の準備をする

面接の流れを知っておこう!

以下では、どのような流れで面接が進むかについて見ていきましょう。

  • 期間工についての概略説明(配属先、寮は選べない旨の確認)
  • 履歴書に沿った質問(健康であるか、働くにあたって支障がないか、自己PR、志望動機)
  • ばね指の検査、病気などがないかの確認
  • 借金、入れ墨などの有無の確認
  • 面接官への質問
  • 期間工になるかの最終確認

時間としては15~30分程度、面接というよりも話し合いに近い雰囲気で進むことが多いようです。面接では、スーツでなくても問題ありませんが、清潔感のある服装の方が面接官からの印象は良くなるので覚えておきましょう。

接客業やサービス業とは違い、期間工の求人の場合は履歴書や面接はそれほど重要ではないと言われています。というのも、面接官は、体が丈夫で持病がないか、腕や指の動きに異常はないか、日本語が話せるか、期間工の仕事について理解しているか、面接を終えた後でも期間工になる意思があるかといった仕事が続けることができるという視点から応募者を見ているからです。

志望動機について考えよう!

志望動機についてどう伝えれば悩んでいる方は少なくないでしょう。「他の仕事よりも給料面が良いと思ったからです」と素直に答えても採用されたという人も多くいますので、あまり深く悩まないことがポイントです。
お金を貯めたい理由もつけて答えると説得力が増すので、「満了まで頑張ってお金を稼いで、そのお金で○○の資格を取りたいです」という伝え方がおすすめです。

逆におすすめしない志望動機は、正社員を目指したいといった企業の募集目的とミスマッチな志望動機です。期間工の求人はあくまで契約社員を採用するためのものですので、相手からどう思われるかを考えて発言することが必要です。
期間工の仕事は、もちろん正社員を目指すこともできますが、正社員を目指すのは採用後に仕事を評価してもらってからということを覚えておきましょう。

企業からの採用・不採用連絡を待つ

面接終了後、数日程度で応募した企業から書類が届きます。書類をもとに、指定された日に会場へ向かいましょう。会場で入寮先が決定した後、健康診断や検査が実施され、入社手続きへと進んでいくことになります。

転職サイトの場合は即日で内定が決定することも

ここでは直接応募した場合の採用までの流れについて説明してきました。
派遣で期間工になる場合には、少し流れが異なり、派遣会社が主催する登録相談会で即日に内定が決まるケースもあり、通常の転職活動・就職活動と比較すると、スピーディーに働きはじめることができます。

また、転職サイトを利用するメリットとして、職場見学に応じてくれる企業だけに応募することもできるので、「直接応募で不採用になるかもしれないか不安・・・」「転職活動をコーディネーターに一任したい」「とにかくすぐ働きたい」という方は転職サイトを活用してみるのもひとつの手でしょう。

面接で聞きづらい悩みにも答えてくれる求人サイトを活用しよう!

期間工の仕事に関する情報は、実際に期間工として働く知人や友人から話を聞くことができることが理想的ですが、知り合いが期間工として働いている人ばかりではないかと思います。

こうした際には、以下のサイトを利用して勤務先の内情を情報収集することもおすすめです。特に、工場求人ナビでは登録相談会が開催されているので、面接では聞きづらい退職・お金に関する話を応募前に聞くことができるのは魅力的なメリットと言えます。

紹介サイトに登録したからといって必ずしもそのサイトを使わないといけないわけではないですし、うまく活用すれば選考会参加費をもらえるケースもあるので、ぜひ有効活用してみてください。

  1. 取引メーカー数40社以上!業界トップクラスの就職実績「期間工.jp」

    期間工.jp

    期間工.jpは、東証一部上場の株式会社アウトソーシングの子会社で、国内製造系アウトソーシング事業を行う株式会社ORJが運営する大手メーカーの期間工・期間従業員専門の求人専門情報サイトです。2017年9月には、「紹介先が豊富な人材紹介会社」「期間従業員に強い人材紹介会社」「エージェントが信頼できる人材紹介会社」「サイトの利用者の満足度」など、期間従業員の求人に関する調査でNo.1に選ばれており、期間工だけでも40社以上の取引先と提携しており、3784名の内定(2017年実績)をもつ安心と信頼の求人サイトです。期間工.jpでは、就職希望社の希望に沿った仕事を紹介してくれるだけでなく、企業選考会の取り組み方まで、経験豊富なスタッフがサポートしてくれることも特徴です。

  2. 登録相談会で未経験の人でも安心!「工場求人ナビ」

    期間工の求人探しなら工場求人ナビ

    工場求人ナビは、ものづくり人材サービス40年以上の業界最大手企業である日総工産が運営する工場系求人の専門サイトです。マツダ・スバル・日産車体九州などをはじめとする期間工に特化した求人も紹介されており、シフト・休日、期間、雇用形態、寮をはじめとする環境・待遇などの条件検索から、仕事探しをできることが特徴です。また、日総工産は東証一部上場の企業で、福利厚生の一環として「ベネフィットステーション」に入会する事ができる他、給与前渡し制度、寮付き求人など、さまざまなサポート体制が充実しています。

  3. 業界トップクラス11,000名の内定者実績!「e仕事」

    期間工求人サイトe仕事

    製造業などの期間従業員専門の求人サイト「e仕事」を運営する「日研トータルソーシング株式会社(NIKKEN)」は、創業以来の「人材とモノづくり」をテーマとした事業展開によって、2,500社以上にのぼる取引メーカーとのパイプと年間登録者3万人以上をマッチングする実績をもっていることが大きな特徴です。男女の年齢を問わず求職者のニーズに合わせた仕事を無料で紹介してくれる上に、お祝い金制度や寮完備、正社員登用といったサポートシステムを完備しているおすすめの求人サイトです。

  4. 製造業・工場の総合求人サイト!「工場求人ワークス」

    期間工の求人探しなら工場ワークス

    工場ワークスでは、あなたが求めている条件にあった工場の仕事を見つけることができます。全国各地の工場求人情報、工場に従事するいろいろな職種の求人情報が掲載されています。また、働く場所や職種、雇用形態、その他の条件を絞り込みながら求人を探すことができるので、自分が求めている条件にぴったりの仕事を見つけることができます。また、工場ワークスでは、仕事の内容やコツについて紹介している「工場タイムズ」を運営しているので、製造業未経験者であってもあらかじめ製造業の仕事の雰囲気を知りながら、求人を比較・検討することができます。

  5. こだわりの検索システムから希望の求人を検索!「ジョブコンプラス」

    ジョブコンプラス

    ジョブコンプラスでは、自分にどの仕事が合っているかを診断できる「適正診断」を無料で受けることができます!たった10秒で自分に合う仕事を見つけて、結果診断からそのまま仕事の情報も確認できるスピード応募が魅力です!「力仕事はあるの?」「どんな人が働いているの?」「工場見学はできるの?」という色々な質問にもお答えしているサイトで、初心者にもおすすめです!


工場求人ナビは、ものづくり人材サービス40年以上の業界最大手企業である日総工産が運営する工場系求人の専門サイトです。マツダ・スバル・日産車体九州などをはじめとする期間工に特化した求人も紹介されており、シフト・休日、期間、雇用形態、寮をはじめとする環境・待遇などの条件検索から、仕事探しをできることが特徴です。また、日総工産は東証一部上場の企業で、福利厚生の一環として「ベネフィットステーション」に入会する事ができる他、給与前渡し制度、寮付き求人など、さまざまなサポート体制が充実しています。