期間工の求人では、基本的にどこの自動車メーカーであっても人で不足に悩んでおり、とにかくすぐ採用したいというのが本音です。
そのため、期間工の面接は「落すための面接」というより「採用するための面接」という意味合いが強いケースがほとんどです。

しかし、だからと言って何も対策をしないでも大丈夫というわけではありません。
当然ながら過去の経験や経歴、当日の印象によっても面接の通過率は変わってきますので、油断せず万全の対策をしておくことが重要です。

ここでは、実際に転職サイトの支援実績が豊富な経験を持つ著者が、面接で失敗しないためのポイントをご紹介してきますので、面接に自信がある方もそうでない方もぜひ参考にしてください。

面接で良く聞かれる質問

「職歴・経歴について教えてください」

今までの職歴については必ず聞かれることになります。空白期間があったり就職経験がない場合は、自己PRと志望動機をうまく繋いで説明すると良いでしょう。
この質問は、応募者がどういった経験を積んできているのか、どういう強みを持った人なのか、即戦力になるのかどうかを知るために投げかける質問です。面接官は、実際の職歴がどうというよりも、履歴書と話すことの整合性があるかといった視点で応募者を見ています。

「志望動機は何ですか?」

志望動機についてどう伝えれば悩んでいる方は少なくないでしょう。「他の仕事よりも給料面が良いと思ったからです」と素直に答えても採用されたという人も多くいますので、あまり深く悩まないことがポイントです。
お金を貯めたい理由もつけて答えると説得力が増すので、「満了まで頑張ってお金を稼いで、そのお金で○○の資格を取りたいです」という伝え方がおすすめです。

「仕事はきついが大丈夫ですか?」「体力に自信がありますか?」

期間工の仕事は体力がなければ続けることが難しいと言われていますが、肉体労働以外にも不規則な交代制勤務から体調不良になってしまう人も少なくありません。この質問は他の質問とは違い、体力に自信がないと答えてしまうと不採用になってしまう可能性が高くなってしまいます。「身体を動かすことが好き」という自己PRを含めながら、問題ない旨を伝えましょう。

「寮は選べないけど大丈夫ですか?」

面接では、会社が用意する寮に入寮するかについて質問されます。入寮を希望する場合は、寮を選べなくて大丈夫かどうかの確認がされます。そもそも期間工の仕事は配属先を選ぶこともできないため、この質問にネガティブな回答をして不採用になる可能性を上げてしまうことは避けるべきでしょう。
寮は水道光熱費や寮費が無料であることが一般的ですので、特別な理由がない限りは寮を利用することをおすすめします。

「過去に期間工の仕事の経験がありますか?」

過去に期間工の経験があることはマイナスではなく、むしろ経験者として優遇されます。企業によっては10万円程度の経験者手当が支給されることもありますので、過去の期間工の職歴については包み隠さずに伝えると良いでしょう。

「病気などはありますか?」

期間工の仕事は体を使う仕事ですので、面接の場で指が欠損していないかであったり、ばね指ではないかなど、健康面を確認されることが一般的です。目に見えない持病を抱えている場合、面接の場をやり過ごすことができたとしても受け入れ教育期間には健康診断があるので、嘘をついてもバレてしまう仕組みになっているので正直に受け答えをしましょう。

「いつから働けますか?」

採用側の企業は何か月も先から働く人の募集を行うことはありません。1~2週間以内で働き始めることができることがベストですが、どうしてもそうはいかないという方も少なくないでしょう。そういう場合は、あらかじめいつから仕事ができるのかを明確にして履歴書に入社可能日を記載しておくことがベストです。

好感度アップで採用されやすくなる!期間工の面接のポイント

面接に適したマナーを考えよう!

期間工の面接では必ずしもスーツを着てる人ばかりではありませんが、襟付きのシャツとスラックスといったビジネスカジュアルな服装で臨むことがおすすめです。髪型・髪色も特に厳しいといったことはありませんが、短髪黒髪であると無難です。
面接のマナーのポイントは清潔感と言動。面接官の印象を損なうような立ち振る舞いには注意しましょう。

面接官の印象を良くする自己PRを考えよう!

面接を受ける上での最低限のマナーを抑えたら、次は上手に自分の魅力をアピールし、面接官に採用したいなと思ってもらうためのポイントについて紹介していきます。
面接官の印象を良くするために心がけておきたいポイントは、下記の点となります。

  • 面接官と会話することを心がける
  • 発言は簡潔さを心がけ、相手に質問の余地を与える
  • 相手の話すテンポや雰囲気に合わせる
  • 自己アピールは、謙虚さも忘れずに
  • 積極的に質問する

採用担当者の本音を知っておこう!

自分が面接でアピールしたいと考えているポイントと、採用側が見たいと考えているポイントは全く異なるケースもありますので、ぜひ採用担当者の視点も理解した上で面接に臨みましょう。

接客業やサービス業とは違い、期間工の求人の場合は履歴書や面接はそれほど重要ではないと言われています。というのも、面接官は、体が丈夫で持病がないか、腕や指の動きに異常はないか、日本語が話せるか、期間工の仕事について理解しているか、面接を終えた後でも期間工になる意思があるかといった仕事が続けることができるという視点から応募者を見ているからです。

タトゥー・入れ墨はNG!

面接ではタトゥーの有無も聞かれることが一般的です。ワンポイント的なタトゥーであってもNGですので注意しましょう。期間工の勤務先となる企業は大手企業が多いため、一般的にマイナスイメージの大きいタトゥーや入れ墨のある人を採用しないという背景があります。

大きな借金を抱えている人はNG!

借金についても面接で聞かれることになります。車のローンや住宅ローン、クレジットカードの分割払いは問題ありませんが、サラ金や消費者金融の借り入れはNGになります。借金がある場合、寮に取り立てに来られてしまうと周りに迷惑がかかるリスクがあるため、無理をしてまで採用しなくても良いという判断されてしまいます。

過去に契約満了前に期間工を辞めたことがある人はグレー

契約満了前に辞めた会社にもう一度面接に行っても採用されない可能性は高いです。トヨタは契約した社員のデータが残っているそうで、他社でも同様のデータから過去に契約満了したかを確認することができます。もちろん、企業によっては対応が異なってきますが、同じ会社ではなく違う会社の期間工求人への応募を検討することをおすすめします。

面接官に直接聞きづらい質問があるんだけど・・・

面接の場では、面接官からの質問だけではなく、こちらから質問する時間も与えられるのが通常です。面接は一方的に評価される場ではなく、お互いに判断する場ですので、期間工で仕事を始めるにあたって気になる点などがあれば、ぜひ面接の機会を活かしてしっかりと確認するようにしましょう。

しかし、中には面接官に対する印象や入職後のことを考えると、ストレートには聞きづらいという質問もあるのではないかと思います。こうした時には転職サイトを利用して、登録相談会で悩みを聞いてもらうことも一つの手です。

面接で聞きづらい悩みにも答えてくれる求人サイトを活用しよう!

期間工の仕事に関する情報は、実際に期間工として働く知人や友人から話を聞くことができることが理想的ですが、知り合いが期間工として働いている人ばかりではないかと思います。

こうした際には、以下のサイトを利用して勤務先の内情を情報収集することもおすすめです。特に、工場求人ナビでは登録相談会が開催されているので、面接では聞きづらい退職・お金に関する話を応募前に聞くことができるのは魅力的なメリットと言えます。

紹介サイトに登録したからといって必ずしもそのサイトを使わないといけないわけではないですし、うまく活用すれば選考会参加費をもらえるケースもあるので、ぜひ有効活用してみてください。

掲載メーカー数30社以上!業界トップクラスの就職実績「期間工.jp」

期間工の求人探しなら期間工.jp
期間工.jpでは、誰もが知る国内製造の大手優良メーカーをはじめとする30社以上のメーカーの求人が掲載されており、2016年には年間3800名以上の内定実績があるため、収入や安定性といったこだわりの条件がある方も安心して仕事探しをすることができます。

また、仕事を始める前から入社特別手当や先行参加者への祝い金、入社祝い金をはじめとするさまざまな手当が整備されているため、働きはじめの時期からお金をしっかり稼ぐことができることも期間工.jpならではの特徴です。

期間工.jpの詳細を見る
▶期間工.jpのホームページはこちらから→期間工.jp


登録相談会で未経験の人でも安心!「工場求人ナビ」

期間工の求人探しなら工場求人ナビ
工場求人ナビでは、寮完備の住み込みのお仕事や正社員登用制度のある工場系の求人情報が検索できるので、正社員・派遣などあなたのライフスタイルに合った働き方が選べます。

また、工場系のお仕事に転職したいなど、工場でのお仕事未経験者や女性も安心して働けるお仕事情報もあるので、条件にあった仕事を見つけるのにおすすめのサイトです!

工場求人ナビの詳細を見る
▶工場求人ナビのホームページはこちらから→工場求人ナビ