期間工の仕事内容はどのような業務があるのか気になる人も少なくないでしょう。そこで、ここでは期間工の仕事内容や仕事の特徴について詳しく見ていきましょう。

期間工の仕事内容

期間工の仕事は、自動車なのか電化部品の製造なのかによって変わります。期間工としてポピュラーな自動車メーカーの期間工だと、車を完成させるための生産ラインの1か所で働くことになります。
期間工の勤務先として多い自動車メーカーでの仕事では、「エンジン・シャーシ系」「ボディー系」「部品系」の3つの工程で部品の製造と車体の組立、検査を行っていきます。以下で、詳しく見ていきましょう。

エンジン・シャーシ系の仕事内容

鋳造工程

溶鉱炉で溶かした鉄やアルミを鋳型に入れ、エンジン部品やアルミホイールなどの鍛造部品をつくる仕事です。
鋳造工程は難しい仕事ではありませんが、粉じんを防ぐための防塵マスクと長袖の作業服、皮手袋などから体力が必要な仕事場です。

鍛造工程

特に強度が求められるエンジン部品の歯車やシャフトなどの部品を作るために、高温に加熱した鋼材をプレスする仕事です。
プレス機の音が大きく、振動で作業時間は地面が常に揺れている感じがあることが大変だという経験談も。

機械加工工程

鋳造や鍛造によってできた部品を研磨機などの工作機械で高精度な部品に加工していきます。基本的には加工機が自動で作業を進めてくれるので、身体的な辛さは少ないですが、精度の高さを求められる責任の重い仕事です。

エンジン組み付け工程

切削・研磨された部品で車の心臓部となるエンジンへの組み付けをしていきます。精密機械も組み付けていくことになるので細心の注意が必要な工程で

品質チェック工程

完成したエンジンの性能をテストする仕事内容です。規定値をクリアしていることを確認できたら、できあがったエンジン組立工程へと進めていくことができます。
できあがったエンジンの品質は、車の完成度や会社の業績にもかかわっていく大事なものですので、責任の重い仕事と言えます。

ボディー系の仕事内容

プレス工程

1枚の鋼板に巨大プレス機で数千トンの圧力を加え、ボディー用のルーフやドア、フロア部品に加工していく仕事です。傷やへこみの無いボディーラインを作るため、人の目でチェックしながら作業にあたっていくことが必要です。
年中長袖と保護具を着用することになるため、1年を通して暑さを感じるという大変な側面もあります。

ボディー溶接工程

プレスされたルーフやドアをはじめとする約400点の部品を、自動溶接と手作業で組み付けてボディーを作り上げていく仕事です。
溶接作業では火花が散るので保護具を着用しますが、プレス加工の際に吹き付ける脂が溶接の熱で蒸発して発生するにおいに慣れるまで苦労するという人も。

塗装工程

塗装ロボットを使って何層にも塗装を塗り重ねていく仕事です。塗装の厚みは100ミクロン、1代の車には約10kgの塗料を塗るなど、細かい決まりが多い工程でもあります。
ホコリが厳禁ですので、年中つなぎの作業着を着用して、有機溶剤から身を守る防毒マスクも着用します。乾燥炉の熱気のなかで作業をするので、ここも暑さが大変な工程です。

部品系の仕事内容

成形工程

樹脂原料などを射出成形によって思い通りの形に加工していく仕事です。バンパーやグリルをはじめとした様々な部品をこの工程で作っていきます。
ボディー系の工程に比べると身体的な辛さはありませんが、1ミクロン(1000分の1ミリ)が基準となる高精度の加工を求められることから、責任のある工程です。

組立工程の仕事内容

生産ラインの最終工程で、一連の部品が組み付けられたボディーにインパネや配線、窓ガラス、バンパー、シート、エンジン、タイヤなどを取り付けていく仕事です。最後にエンジンを搭載して車が完成します。
組立工程では、かがみこんだり、腰まげ姿勢を保つことがあったりと身体的に疲れが溜まることが多いかもしれません。

検査工程の仕事内容

検査工程では、完成した車を厳しくチェックします。排気ガス、水漏れ、ブレーキ、ライトなどの機能をすべて人の目とロボットで検査します。ここで合格した車だけが市場に出されることになるため、絶対にミスが許されない責任の重い仕事になります。

期間工の仕事の特徴とは?

期間工の仕事では、各工程で作業指示書を見ながら自分で作業を進めていくことが主流になります。仕事は配属先にもよるので一概には言えませんが、決められた作業だけを集中して業務を行っていきます。
こうした仕事内容であることから、人間関係はあっさりとしている職場が多いというメリットがある一方で、時間内に作業を完了させる体力や集中力を求められます。

仕事は1週間程度で覚えることができる!

期間工の仕事には覚えることがたくさんあるというを伝えましたが、実際に期間工で働いたことがある人に話を聞くと、「組立というやったことがない仕事であっても、1週間程度で手順を覚えることはできる」という人が多いので、覚えることがたくさんあるといっても慣れさえすればルーチンワークとして業務ができるようになれることが期間工の仕事の大きなメリットの一つです。