期間工から正社員登用を目指したいという人も少なくないのではないでしょうか。ここでは、正社員登用制度について知っておいた方がよいこと、正社員になるメリット・デメリット、正社員になるためのポイントについて詳しく紹介していきます。

正社員登用制度って何?

正社員登用制度とは、契約社員などの非正規雇用から正社員への雇用形態の転換の精度です。期間工の場合、契約期間である2年11か月以内に試験を行うことになります。

正社員登用制度で大事なのは実績があるかどうか

仮に求人情報に「正社員登用制度あり」と記載されていなくても、正社員登用の実績がある企業もあります。逆に、正社員登用制度があっても実績がない場合は、正社員登用に消極的な企業であることも考えられます。
いずれにせよ、正社員登用制度で正社員を目指したいという方は、事前の情報収集が必要であることに注意しましょう。

期間工が正社員で働くメリットって?

期間工から正社員に登用された人から聞いた正社員で働く代表的なメリットとしては、以下が挙げられます。

大企業の正社員になることができる

トヨタの正社員といった肩書は大企業に勤める醍醐味の一つと言えます。期間工を採用している企業は大企業でることがほとんどですので、そうした一流企業の正社員を未経験・学歴不問から目指すことができることは魅力と言えます。

福利厚生が充実している

正社員では、給与が年数や等級に応じてベースアップしていくことになるので、長年勤めれば手取りも増えていくことになります。ボーナスが支給されることも正社員の特徴の一つです。
また、年休も加算されることになるため、有給休暇を取ったりなど、契約社員では受けることができなかったさまざまな恩恵にあずかれることが、正社員になるメリットの一つです。

契約社員のような有期雇用の契約ではなくなる

正社員になることで、期間工の時にあった満了という考え方はなくなります。満了金がもらえることはなくなりますが、自動車産業がなくならない限りは古き良き日本の企業にあった終身雇用に近い形で雇用し続けてもらえることが大きなメリットと言えるでしょう。

期間工が正社員で働くデメリットって?

期間工から正社員に登用された人から聞いた正社員で働く代表的なデメリットとしては、以下が挙げられます。

期間工ではなかった責任が発生する

正社員になると現場をやればいいだけではなく、同部署やほかの部署とのコミュニケーションが必要な瞬間も出てきます。また、責任に応じて工場や部署の企画に参加したり、報告書の提出が必要になるなど仕事内容が増えることになります。

肉体的な疲労に精神的な疲労を感じる人も

正社員になっても交代制の勤務は続きます。期間工の時と同じでは?と感じる人もいるかもしれませんが、正社員になると満期で仕事が終了ということはありませんので、退職・定年までは同様の仕事も続けることになるので注意が必要です。

正社員登用制度のある勤務先を探すときの注意点

正社員登用制度では試験のあとに面接を行うことが一般的です。面接では、会社で頑張っていることや学びについて質問されることが多いそうですが、日ごろの勤務態度によって登用試験も合格しやすくなると言われています。
以下では、期間工で正社員登用制度に合格した方が教えてくれたポイントについて紹介していきましょう。

普段からしっかりと仕事をこなしておく

一生懸命に仕事に取り組んで周りと上手くコミュニケーションを取っておくことで、会社に必要な人物として推薦をもらえることも。社員登用された方は、周りとのコミュニケーションも上手くとっている親しみやすい人が多いようです。

会社でだらしない行動をとらない

遅刻や欠勤などは言うまでもありませんが、楽だからといって作業着で通勤していると社員は不快感をもつことがほとんどです。職場の人を不快にさせる言動は、正社員登用には大きなマイナスになるので注意するようにしましょう。

創意工夫を出し、QCに参加して良い成績を修める

QCサークルとは、同じ職場内で品質管理を自発的に行うグループのことです。品質の維持やさらなる改善のために継続的な参加が求められるものですが、参加していればいいというものではなく、積極的にリーダーになって良い成績を出す努力をすることで、プラス評価をもらうことができます。
創意工夫に関しても、普段からメモ帳をもってネタを探したりするなどの努力が必要です。

飲み会などの社内行事には積極的に参加する

飲み会などの付き合いに参加することに抵抗がある人も少なくないかもしれませんが、単純接触効果の観点からも職場の人と接点を多く持つことは自分の評価を高めることができるチャンスです。正社員登用を目指すのであれば積極的に周りの人とコミュニケーションを取るように心がける方が無難です。

年齢が若いと圧倒的に有利!

30~40代であっても正社員に合格する人もいますが、年齢が若く、職歴が良い人ほど有利な傾向はあります。若ければ若いほど色々な仕事を覚える柔軟性や成長のポテンシャルがあることは言うまでもありません。
また、自動車整備士のような重宝される資格を持っていると有利になるという話も。

期間工から正社員になるためのポイント

まずは準社員を目指して推薦してもらう

いきなり正社員を目指すことは難しいので、まずは準社員登用試験を受けることも検討してみましょう。準社員登用試験は、期間工の勤務期間である2年11か月のうち、職場から推薦があった人が2回受けることができる試験です。
準社員はの定義は会社によって違いますが、トヨタの準社員は試験に合格してしばらくすると正社員になれるので、正社員を目指す方は検討してみるのも手でしょう。

転職サイトを活用して自分に合った雇用形態で働こう!

正社員で働くことを視野に仕事を探している場合は、正社員になれるかどうかを事前に確認することが必要です。募集条件に正社員登用ありと書かれていても制度があるだけで、実績がない場合も転職業界では少なくありません。
以下のサイトでは、今までの転職支援実績から正社員登用制度の実績がある求人も多数掲載していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

掲載メーカー数30社以上!業界トップクラスの就職実績「期間工.jp」

期間工の求人探しなら期間工.jp
期間工.jpでは、誰もが知る国内製造の大手優良メーカーをはじめとする30社以上のメーカーの求人が掲載されており、2016年には年間3800名以上の内定実績があるため、収入や安定性といったこだわりの条件がある方も安心して仕事探しをすることができます。

また、仕事を始める前から入社特別手当や先行参加者への祝い金、入社祝い金をはじめとするさまざまな手当が整備されているため、働きはじめの時期からお金をしっかり稼ぐことができることも期間工.jpならではの特徴です。

期間工.jpの詳細を見る
▶期間工.jpのホームページはこちらから→期間工.jp


登録相談会で未経験の人でも安心!「工場求人ナビ」

期間工の求人探しなら工場求人ナビ
工場求人ナビでは、寮完備の住み込みのお仕事や正社員登用制度のある工場系の求人情報が検索できるので、正社員・派遣などあなたのライフスタイルに合った働き方が選べます。

また、工場系のお仕事に転職したいなど、工場でのお仕事未経験者や女性も安心して働けるお仕事情報もあるので、条件にあった仕事を見つけるのにおすすめのサイトです!

工場求人ナビの詳細を見る
▶工場求人ナビのホームページはこちらから→工場求人ナビ