転職市場では、企業の採用ニーズが高まる時期があるので、時期によっては採用されづらかったりすることも珍しくありません。
一般的には、3~4月、9~10月に新規の求人が増える傾向がありますが、期間工の転職・就職におすすめなタイミングはいつなのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

期間工の求人応募を成功させる3つのポイント

採用企業のニーズから有利な時期を見極めよう!

トヨタやホンダ、日産をはじめとした自動車メーカーは2015年の売上高ランキングの上位5位(日本経済新聞調べ)に入っており、業績を大きく伸ばしています。また、2020年の東京オリンピックに向けたインフラ整備でも車の需要増加は大きな後押しになっており、自動車業界全体が業績好調となっています。
こうした業績好調の影響は、日給や諸手当(赴任手当や食費補助など)がつくようになったり、正社員登用の人数が年々増えていったりと期間工の待遇にも反映されています。そのため、待遇が手厚い時期の今こそ転職におすすめな時期とも言えます。

9月~3月の人手不足となる繁忙期に応募しよう!

どうしても人手が足りない時期は採用の基準も緩くなることが期間工の求人の大きな特徴です。増税前の駆け込み需要の際は、トヨタが全国で大量に期間工の募集を行っており、年齢的に採用が厳しめになりやすい40代の方や職歴が空白の方でも採用されていたため、繁忙期が応募のタイミングでおすすめの時期のひとつです。
また、トヨタでは9~11月に入社する期間工の方を対象として特別報奨金10万円が設定されているケースもあるので、応募時期が少し違うだけで損をしてしまうということもあることに注意しましょう。

夏季休暇や冬期休暇などの長期休暇の時期は避けよう!

期間工は日給制で給与が支払われます。日給制は「働いた日数分だけ支払われる」給料体系ですので、欠勤や遅刻・早退をするとノーワーク・ノーペイの原則によって月額賃金から控除されることになります。そのため、長期休暇がある8月や12月には、手取りの給与が少なくなってしまうことに注意しましょう。
期間工の求人の中には、応募が減ってしまうことを避けるために休暇手当が設定されている企業もあります。ですので、長期休暇の時期だから必ず避けた方が良いというわけではありませんが、求人情報をしっかりとチェックすると良いでしょう。

転職に必要な時期からさかのぼって準備、応募しよう!

期間工に転職・就職する前には手当がどうなのか、寮費や有給休暇といった福利厚生はどうなっているかについて事前に情報を収集する必要があります。また、面接でどういった自己PRを考える必要もあるでしょう。
転職・就職活動にはこういった準備期間がとても大事ですので、自分にあった必要準備期間やタイミングを読んで、具体的なスケジュールを組むことが大事です。

面接で聞きづらい悩みにも答えてくれる求人サイトを活用しよう!

期間工の仕事に関する情報は、実際に期間工として働く知人や友人から話を聞くことができることが理想的ですが、知り合いが期間工として働いている人ばかりではないかと思います。

こうした際には、以下のサイトを利用して勤務先の内情を情報収集することもおすすめです。特に、工場求人ナビでは登録相談会が開催されているので、面接では聞きづらい退職・お金に関する話を応募前に聞くことができるのは魅力的なメリットと言えます。

紹介サイトに登録したからといって必ずしもそのサイトを使わないといけないわけではないですし、うまく活用すれば選考会参加費をもらえるケースもあるので、ぜひ有効活用してみてください。

  1. 取引メーカー数40社以上!業界トップクラスの就職実績「期間工.jp」

    期間工.jp

    期間工.jpは、東証一部上場の株式会社アウトソーシングの子会社で、国内製造系アウトソーシング事業を行う株式会社ORJが運営する大手メーカーの期間工・期間従業員専門の求人専門情報サイトです。2017年9月には、「紹介先が豊富な人材紹介会社」「期間従業員に強い人材紹介会社」「エージェントが信頼できる人材紹介会社」「サイトの利用者の満足度」など、期間従業員の求人に関する調査でNo.1に選ばれており、期間工だけでも40社以上の取引先と提携しており、3784名の内定(2017年実績)をもつ安心と信頼の求人サイトです。期間工.jpでは、就職希望社の希望に沿った仕事を紹介してくれるだけでなく、企業選考会の取り組み方まで、経験豊富なスタッフがサポートしてくれることも特徴です。

  2. 登録相談会で未経験の人でも安心!「工場求人ナビ」

    期間工の求人探しなら工場求人ナビ

    工場求人ナビは、ものづくり人材サービス40年以上の業界最大手企業である日総工産が運営する工場系求人の専門サイトです。マツダ・スバル・日産車体九州などをはじめとする期間工に特化した求人も紹介されており、シフト・休日、期間、雇用形態、寮をはじめとする環境・待遇などの条件検索から、仕事探しをできることが特徴です。また、日総工産は東証一部上場の企業で、福利厚生の一環として「ベネフィットステーション」に入会する事ができる他、給与前渡し制度、寮付き求人など、さまざまなサポート体制が充実しています。

  3. 業界トップクラス11,000名の内定者実績!「e仕事」

    期間工求人サイトe仕事

    製造業などの期間従業員専門の求人サイト「e仕事」を運営する「日研トータルソーシング株式会社(NIKKEN)」は、創業以来の「人材とモノづくり」をテーマとした事業展開によって、2,500社以上にのぼる取引メーカーとのパイプと年間登録者3万人以上をマッチングする実績をもっていることが大きな特徴です。男女の年齢を問わず求職者のニーズに合わせた仕事を無料で紹介してくれる上に、お祝い金制度や寮完備、正社員登用といったサポートシステムを完備しているおすすめの求人サイトです。

  4. 製造業・工場の総合求人サイト!「工場求人ワークス」

    期間工の求人探しなら工場ワークス

    工場ワークスでは、あなたが求めている条件にあった工場の仕事を見つけることができます。全国各地の工場求人情報、工場に従事するいろいろな職種の求人情報が掲載されています。また、働く場所や職種、雇用形態、その他の条件を絞り込みながら求人を探すことができるので、自分が求めている条件にぴったりの仕事を見つけることができます。また、工場ワークスでは、仕事の内容やコツについて紹介している「工場タイムズ」を運営しているので、製造業未経験者であってもあらかじめ製造業の仕事の雰囲気を知りながら、求人を比較・検討することができます。

  5. こだわりの検索システムから希望の求人を検索!「ジョブコンプラス」

    ジョブコンプラス

    ジョブコンプラスでは、自分にどの仕事が合っているかを診断できる「適正診断」を無料で受けることができます!たった10秒で自分に合う仕事を見つけて、結果診断からそのまま仕事の情報も確認できるスピード応募が魅力です!「力仕事はあるの?」「どんな人が働いているの?」「工場見学はできるの?」という色々な質問にもお答えしているサイトで、初心者にもおすすめです!


工場求人ナビは、ものづくり人材サービス40年以上の業界最大手企業である日総工産が運営する工場系求人の専門サイトです。マツダ・スバル・日産車体九州などをはじめとする期間工に特化した求人も紹介されており、シフト・休日、期間、雇用形態、寮をはじめとする環境・待遇などの条件検索から、仕事探しをできることが特徴です。また、日総工産は東証一部上場の企業で、福利厚生の一環として「ベネフィットステーション」に入会する事ができる他、給与前渡し制度、寮付き求人など、さまざまなサポート体制が充実しています。